長崎に新しく龍馬像スポットを☆

原 雲涯 先生によって揮毫された『日本を今一度せんたくいたし申し候』の書

令和2年5月22日、和プロジェクトTAISHI主催
【5.22 和の国日本 日本人よ、世界の龍馬となれ!】が午前11時より
長崎市玉園町、万寿山聖福寺にて開催され、滞りなく終了致しました。
(催事の模様は下記URLにてご覧いただけます。)

【いろは丸事件談判】結審の日に結審の地で行われたのには理由がありました。

写真の銅像は風頭公園にある坂本龍馬之像の製作者・故 山崎和國先生によって
製作された坂本龍馬像で、先生のアトリエ閉鎖に伴い
いろは丸事件談判結審の地・万寿山聖福寺に奉納されることになりました。

しかし、この像には台座がありません。
台座を製作し、境内に建立するにはその費用を工面する必要があります。

費用を調達する。
もちろんそれもありますが、何より龍馬が歩いた長崎の中で
「いろは丸事件談判」は色々な意味で意義のある事跡です。

わが国最初の国際法に基づいた海難事故裁判
という歴史的価値があり、万寿山聖福寺で開催されたことは
ほぼ間違いありません。
そこに龍馬が居た可能性を考えると
この聖福寺ほど彼の存在を感じられる場所はありません。
当時のまま、談判が行われた書院が残されているのですから。
にも関わらず、全国的には知名度はそれほど高くありません。
長崎市内においても。

そこでクラウドファンディングをすることによって
広く長崎・万寿山聖福寺のことを知っていただき、
「龍馬のあし跡」として認知していただきたい。
その思いでプロジェクトをCAMPFIREに立ち上げさせていただきました。

残念ながら、現在CAMPFIREがコロナ禍で多くの支援プロジェクトを申請されており
審査が滞っているため、現在審査中となっておりますが
プロジェクト内容に関してはご覧いただけますので、是非内容をご確認ください。
 「長崎・龍馬のあし跡プロジェクト・長崎聖福寺に坂本龍馬像を建立する!」

龍馬像台座のクラウドファンディングに関するPR動画

残念ながら、申請が通っていない現在、ご支援いただくことができませんので
「長崎聖福寺に坂本龍馬像を建立する会」のゆうちょ銀行口座に
直接振り込んで頂くことができるようになっております。

ゆうちょ銀行 口座名義「長崎聖福寺に坂本龍馬像を建立する会」
種別・当座 口座番号 01710-2-152049 店名・一七九 店番179

リターンに関しては希望の番号をお選びいただき、振込時に備考で記載いただくか
弊社までお知らせください。振込内容確認の上、確認できれば手配させていただきます。

ぜひ、坂本龍馬の息吹を感じていただける聖福寺のことを
日本さらには世界に発信していきたいと思います。
皆様、どうぞご協力のほどよろしくお願い申し上げます。
(下記リンクから聖福寺での奉納揮毫の模様をご覧いただけます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA