映画試写会第2弾、大盛況☆

 2018年6月3日(日)、4日(月)と2日間に渡って開催されました、映画『たいようのドロップキック』試写会が終了いたしました。2日間、ご来場いただきました観客の皆様、心より御礼申し上げます。
3日のOBPアカデミア様主催の試写会は一般の方も有料で参加できたのに対して、4日(月)の試写会はテアトルアカデミー様ご協力のもと、キャスト、スタッフ、そして業界関係者様を中心に映画でお世話になった皆様へのお披露目でした。
両日含めて多くの方にご出席いただき、大盛況の内に終えることができました。ありがとうございました。

両日を終えて、改めて感じたことは、やはり映画というモノは観客のモノであるということです。よく「映画は監督のモノ」と言われますが、私は逆だと思います。確かに作品として形にするまでは監督が行います。でも、出来上がってしまえば、観た人がどう感じ、どう捉え、どう判断するかについては監督には為す術もないし、観客自身が決めることになります。当たり前のことですが、その人にとって「何度も観たい作品」なのか「一回で充分」なのかは観客が決めることです。だから私は、「映画は観客のモノ」だと思います。

しかし、観客のモノにして頂くためには、よりたくさんの方の目に触れなければなりません。自分だけのモノにしてしまっては、いつまでも観客のモノならず、多くのスタッフ、キャストによって作られた作品が可哀想じゃないですか。。。
だから、ここからが勝負です!KAMUI ENTERTAINMENTは、このKAMUI第1弾映画をより多くの方に観て頂くために汗をかきます!そして、皆さんのもとへ届けられるようにします。

それが、この映画に関わった多くの人たちのためだと信じて。ありがとうございました。そして、ありがとうございます。

映画『たいようのドロップキック』監督 日浦明大

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA