佐山智彦(さやまともひこ)43歳、土建業。
阪神大震災の折、近所の土建業の“おっちゃん”に瓦礫の下から神田吾朗と一緒に助けられて以来、命の恩人の“おっちゃん”を父の様に慕っている。5年前、“おっちゃん”を真似て人助けにと、友人の借金の連帯保証人になったが、その友人が失踪。借金を背負うことになり、家族に迷惑かけまいと妻の佳美と離婚。娘のはるかと離れて暮らしていた。無類のプロレス好き。

【佐山智彦役・稲継智巳からメッセージ】

自分の中では四方山話にも似た人生観や行動、
思考といったモノ全てが演じ終えてみて
ガキンチョの頃に信じて疑わなかった感覚、
かなり大きくなるまで持ち続けていた思いに似ているなと感じました。
実際に自分は中学生の23年くらいまで、
私は宇宙人で地球が窮地に見舞われた時に覚醒し、ヒーローとして変身する!
と思って居たのでこんな人生も悪くない・・・そう思わせる人物だと思います。
勿論、大人でも、例え僅かでも成長している、して行ける
例え一瞬でも、「夢」を見させてくれるヒーローの影が
見え隠れしている、佐山とはそんな男です。
そんな「ヒーローの影」を探して見ていただけると嬉しいです。

【登場人物紹介のページへ戻る】
【予告編ページ】