menu
search

  • 短編映画『浪花に咲く風の音』日浦明大監督作品
  • 短編映画『僕だけのFly me to the moon』日浦明大監督作品
  • 短編映画『ふたりのだふじ』熊本智和監督作品
  • 短編映画『二十才のお酒』浦崎一也監督作品
  • 短編映画『二十才のお酒』浦崎一也監督作品
  • 短編映画『浪花に咲く風の音』日浦明大監督作品
  • 短編映画『僕だけのFly me to the moon』日浦明大監督作品
  • 短編映画『二十才のお酒』浦崎一也監督作品

情熱の塊

わたしたちTEAM 9 NINEは、脚本家の集団です。「良い脚本から良い作品が生まれる」というポリシーを持って、ひとつひとつの作品に情熱をもって取り組んでいます。観客の心にリーチする。そんな作品を目指している熱いライターの「塊」です。

脚本は「羅針盤」

あらゆるクリエイティブの設計図こそ「脚本」と言えるでしょう。「見た目」の技術が優れていれば感動的なシーンは作れるかもしれない。しかし、シーンを重ねた「作品」となれば違います。監督やカメラマン、役者と、多くの人の手を介して、脚本家の熱い思いが観客に届くには、しっかりとした「道程」が示されている必要があります。わたしたちは脚本家としての確かなプライドを持って心に届ける脚本をつくっていきます。

映像という手段

脚本はとても大切。しかし残念ながら、情熱を込めて書き上げた「脚本」が人々の目に触れることはほとんどありません。ならば、脚本家自ら観客に届けていこう!というコンセプトでメンバーが集まったのがこの【TEAM 9 NINE】です。
KAMUI ENTERTAINMENT(株式会社 花夢威)との連携で自分たちの思いを込めた「脚本」を映像化。ネット公開だけでなく劇場公開作品や企業・団体のコミュニケーションツールとしての「MOVIE」など、幅広い分野で映像表現を目的にした脚本を制作しています。

「デザイン」という表現

脚本はあらゆるクリエイティブの設計図。映画やドラマ、ラジオ、演劇という動的な表現はもちろん、スライドショー、冊子といった静的な表現においてもその力を発揮します。
パンフレットやチラシ、イベントチケットといった様々なコミュニケーションツールの制作も行っています。

メンバー作品

【TEAM 9 NINE】メンバーによる「作品」です。まずはご覧ください。そしてご意見を承れれば幸いです。情熱をもって取り組んだ作品をどうぞご覧ください。

映画『たいようのドロップキック』予告編
僕だけのFly me to the moon
浪花に咲く風の音
二十才のお酒
ふたりのだふじ

TEAM 9 NINE参加メンバーの紹介はこちら♪

お問い合わせ

TEAM 9 NINEに皆さんのご意見をお寄せください。脚本制作のオファーや、各種ご相談など、どうぞお気軽に。
下記フォームより承ります。